工事進捗報告(7/3〜7/5)

  • 2008/07/06(日) 00:42:32

さて、7/5、帰宅して、夕食前に、工事監督のS氏から携帯に電話がありました。
毎週金曜日は、工事の進捗の報告があります。

報告の概要は、下記のようなものでした。

 ・敷地前面の擁壁の撤去が終わりました。
 ・お隣との境界のブロックを撤去しました。
 ・擁壁を撤去する際に、お隣の境界内に影響を与えた
 ・お隣の境界内については、きちんと修復することをお隣の奥様に説明し、納得頂いた。

一通りの工事の進捗状況の報告の後、来週の工事予定を聞きました。
 
 「来週は、金曜日から土をかき出します」とのこと、 

耳を疑いました。

金曜から?

「金曜からということは、月、火、水は、何もしないのですか?」という問に、 

「はい…」

スケジュールが早く進むとは思っていなかったので」とか、
ちょっと混んでいまして」という返事。

つまり、

予想に反して、工事が早く進み、
作業をする人がいない

とのこと。

で、この混んでいましてというのは、実は、営業のN氏からも、以前聞いたことのある言葉でした。


それは、建築確認申請までのプラン確定の段階でした。

営業のN氏は、「建築確認申請には時間が掛かるので、プランを早く決めて下さい」というので、 何度、諸般の事情を工面して、打合せに通ったことか…。
 
しかし、当初、9月引き渡しだったものが、結局、11月末に延びてしまいました。

どうして、こんなに延びてしまったのか?とN氏に聞いたところ、

社内で、混んでいまして…という返事。

その時は、混んでるなら、仕方ないなぁと思ったのですが。。。。。



そして、確認申請が無事下り、着工直前の営業・設計・監督・施主で打合せの席でN氏は、

工事が始まったら、出来る限り頑張って、
一日でも早く完成するように努めます」

との力強い言葉を聞かせてくれました。。。。
その言葉に、これまでの焦燥感を振り切ったのですが。。。

しかし、工事が始まったら、いきなり、

“来週は、3日間、現場が動きません”との報告。  


工事が始まった途端、

出来る限り頑張って…。3日間、現場が動かない」って、どういうことでしょうか?

あんまりなので、 監督のS氏に、
「着工したら、出来る限り頑張って、工事を進めるって言いましたよね」と言うと、
 
「金曜以降は、出来る限り頑張って…」という返事でした…。

言葉を失いました。。。。

工事って、こんなものなんでしょうか。。。?

工藤建設の体質なんでしょうか?


それから、もう一つ、大きな問題が残っているのですが、それは、左隣のお隣との境界部分の施工についてです。

これが、まだ確定していません

プランの打合せの段階から、営業のN氏には。

「お隣とは、良い関係を作りたいので、境界部分については、しっかりと連絡を取って下さい」と言っていたのですが、未だ、お隣の施主さんとは、連絡が取れないとのこと。

結局、着工してしまい、あとは、工事監督のS氏がお隣との交渉をして下さっています。

こんな事ってあるんでしょうか?

半年以上も、お隣と連絡を取りたいと言っているのに、連絡が取れない。。。。
なのに、建物の計画は進めて下さい。。。。。

「建物さえ建てれば、その後のことは、住人どうしで解決しろ」とでも受け取れるこのような対応に、正直、かなり、不満を感じています。

工藤建設を最初に訪れたとき、「工藤建設は、建物を建てた後から、お客さんとのお付き合いが始まります」なんていう言葉を聞いた記憶があります。

で、工事監督のS氏に、半年間の事を言っても仕方ないので、N氏から折り返し電話をくれるように頼んだのですが、結局、電話は掛かってきませんでした。
できない約束は、しないで欲しいです。

7月8日に、内装等の打合せに行くので、その時に、お隣とのことは、はっきりさせたいと思っています。

確認したいことは、下記の4点。
電話がなかったので、これからメールを出し、8日に回答を求めます。 

 ・僕自身が、家を建てるにあたり、お隣さんとの関係をどのように考えているとN氏が認識しているのか?

 ・お隣への連絡を取りたいと、こちらがN氏に頼んだのはいつか?

 ・その後、N氏は、どのような対応を取ったのか?
  いつ、誰に、どのようなことを働きかけたのか?

 ・なぜ、現段階で、連絡が取れないのか?

この点について、7月8日の打合せで、どのような回答があるのでしょうか?




よかったら、N氏からの納得いく回答を祈って、ワンクリックお願いします。
     ↓          ↓           ↓
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

FC2 Blog Ranking

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

訪問ありがとうございます。

あっしらのブログへの訪問ありがとうございました。
色々と難儀されている部分もあるようですね。あっしも
kohさんについても、すでに打ち合わせ段階で様々な
行き違いはありましたが、各営業さんの努力もあって
ここまでのところ根気よく解決していってくれてますよ。
納得いくまでガツガツ詰めていってください。
お互いによい家が建つことを願って。
(あっしの家には地下室がないわけですが・・・涙)

コメントありがとうございました

kobuさん、コメントありがとうございました。
色々書いているのですが、営業のN氏は、とてもいい方です。
ただ、それだけに、今回の件については、きちんとけじめを付けておきたいと言う気持です。
何事も、気持ちよく事を進めたいですからね。
また、彼なら、上手くやってくれると思っています。

同じ時期に、家を建てているのも何かの縁だと思います。
いい家を建てましょうね。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

始めてコメントを書かせて頂きます。
一般的には境界等の近隣との打ち合わせは、施主のやる事です。
その後の工事については施工会社が挨拶、近隣との打ち合わせを行いますが・・・・お隣も工事中であれば、施主同士が最低1回は打ち合わせをしてその後は施工業者どうしの打ち合わせとなると思います。
近隣との関係は一番大事なことですので、施工会社任せにするのではなく、最初の段階は自分で連絡を取り、挨拶、打ち合わせは普通だと思いますが・・・・
この辺の事は、後々の関係もありますし、その関係を持つのは施主ですので・・・・その辺は自分自身も動いた方が良いと思いますが・・・

測量士さん、コメントありがとうございました

測量士さん、はじめまして。
お名前から、推測して、プロの的確なご意見、貴重なコメントをありがとうございました。

さて、要点について、追加の説明をさせて下さい。

>一般的には境界等の近隣との打ち合わせは、施主のやる事です。

私も、当初は、境界に関する打合せを自分で行うものだと考えておりました。
この点について、工藤建設の営業N氏との打合せにおいて、
工藤建設のこれまでのノウハウ、建築の営業としての経験を生かす
ことができるということで、N氏が間に入ってくださる事になりました。

もちろん、何から何まで、N氏が行うというのではなく、あくまでも、
連絡、繋ぎ役という役目であり、重要な決定事項については、施主同士が
話し合うということで認識しております。


 >近隣との関係は一番大事なことですので、
 >施工会社任せにするのではなく、
 >最初の段階は自分で連絡を取り、挨拶、
 >打ち合わせは普通だと思いますが・・・・

この点について、今回は、まず、N氏が、お隣の施主様に連絡を取り、
連絡が取れた時点で、双方の施主、双方の施工会社の4者による
打合せを行う方向で進めることにしております。


>その辺は自分自身も動いた方が良いと思いますが・・・

上記の通りですが、連絡が取れるまでは、N氏と私とが、
二重にお隣の施主様に連絡することは、話の行き違いや、
お隣にとって、非常に迷惑なことになると思い、N氏に一任する
という方針でおりました。

なお、上記の内容については、本日(7/8)に、N氏、N氏の上司であるD氏、
現場監督のS氏と、確認を取ることが出来ました。

現在、我々は、このような形で、お隣とのアポイントメントを進めているのですが、
測量士さんのおっしゃるように、施主が主体的に動く場合もあるのだと思います。

今回の私の場合は、工藤建設さんが間に入っていただいて、
非常に心強く、ありがたいことであると感じております。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する