昨夜の記録的集中豪雨に1階の床は耐えられたか?

  • 2008/08/30(土) 00:08:34

 28日夜〜29日未明に掛けて東海・関東地方を襲った豪雨では、東京でも多摩地区を中心に記録的な雨量となった。気象庁によると、レーダーなどで解析した1時間の雨量は、東京都八王子市西部付近で約110ミリ、日の出町付近で約100ミリを記録。同庁は29日午前1時までに全国19か所で記録的短時間大雨情報を出した。

 このような集中豪雨に、昨日張った1階の床が耐えられたのかどうか、やはり心配になって、見に行ってきた。

足場が組まれていた
足場が組まれていた

足場が組まれていた
足場が組まれていた(正面から)

現場に着くと、足場が組まれていた。
縦方向に作業が進むと、これまでの基礎工事から、グンと、家が建つのだという実感が沸いてきた。

玄関前アプローチ部分に水溜まり
玄関前アプローチに水溜まり

家の前まで行くと、玄関前のアプローチ部分は、まだ、お隣との擁壁のコンクリートのみで、土で埋めていないので、小さな池のように水が溜まっていた。

床はブルーシートで養生されていた
ブルーシートで養生された1階の床

さて、問題の1階の床の方は、ブルーシートで養生されていた。
見た限りでは、問題無さそうだったが、しかし、記録的な豪雨を防げているのか心配になった。

玄関から廊下あたりが少し濡れていた
玄関から廊下の部分

外から見えるのは、玄関とその奥の廊下だが、コンクリートがうっすら水で濡れているような感じだが、玄関ドアもない状態で、ゲリラ豪雨の吹き込みがあったのか、しかし、ほとんど問題無さそうだった。

そして、家の中に入ってみた。

廊下部分は少し濡れていた
廊下部分は少し濡れていた

廊下部分は、少し濡れていたが、水溜まりというほどのことはなかった。記録的な豪雨にもかかわらず、ブルーシートの養生だけで、この程度だったので、安心した。

廊下部分の天井
初めて見た地下の天井(1階の床)

玄関から廊下に入って、初めて天井を見上げた。当たり前だが、天井があると、改めて、地下室なんだと思えてきた。

シアタールーム部分
シアタールーム部分

スタジオ部分
スタジオ部分

さらに奥に進んで、シアタールーム兼スタジオに入ってみた。
壁が出来上がった時点では、何となく、狭いなぁと思っていたのだが、天井があると、そうでもないような気がしてきた。
部屋の大きさが、こんなに違って感じられるのは、不思議だと思った。
この部屋も、少し濡れているような感じはあったが、水溜まりができるほどではなかった。


記録的な豪雨ということで、現場はどうなっているのか心配したが、雨の影響もなく、安心した。

来週は、月曜と火曜で、建物の屋根まで一気に作り、6日には、上棟式の予定。
お天気は、回復に向かっているので、順調に進むことを祈るばかりです。


記録的な豪雨にも負けず頑張ったブルーシートと1階の床に、ワンクリックお願いします。
     ↓          ↓
 にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する